人間が資産になるわけです!

ハゲむくんです。


資産負債の違いについて考えていきましょう。髪の毛に使うヘアケアは資産となるのか負債となるのか
資産として考えた場合をリストにしていきます。

ヘアケアにお金を使うことで、資産として考えると。
 年齢より若く見えるため、老けたおじさん扱いされない
 髪の毛が黒々していることで活力があるように見える
 周りから若く思われることで自分が前向きになる
 髪の毛を自由にパーマをかけたり流行りのスタイルにできる
 見た目年齢は血管年齢に比例するといわれるので血管も若い
 髪の毛以外にも視野が広がりファッションにも気を使えるようになる
 女性から薄毛の人よりモテるようになる
 人との交流も積極的になる
 同じ身につけている物もおじさんぽく見えずカッコよく見える
 
結果的に見た目が若くなるということは見られ方が変わるということで他人の評価なわけです。しかしこの他人の評価の声が自分に返ってくることでマインドが上がるとので行動力という未来の資産に変わっていくのです

結果的にお金を使うことで見た目の評価が上がるため自分という人間が資産になるわけです!!!

ヘアケアにお金を使わないことを負債として考えると。
 年齢より老けて見えるため普段からおじさん扱いされる
 若年から白髪だったり薄毛であったらおじさんっぽく見られる
 周りから老けて見られることで消極的になる
 流行りも何も使える髪がなく年中さむい頭である
 見た目年齢より老けて見えることで血管年齢も相応である
 薄毛に開き直ってしまいファッションもジジ臭くなる
 女性から異性として見られないしモテない
 人との交流も自分の頭をネタにできない人であれば消極がちになる
 いくらかっこいい車や時計もちょっと残念に見えてしまう

ヘアケアにお金を使えないということは自分の見た目を諦めるというか老けて見える自分を受け入れているということになるでしょう。諦めることが負債と考えます
また、ヘアケアにお金を使っても髪の毛が生えないという結果的に投資失敗になる負債もあるでしょう。ヘアケアにお金を使えないことで他でもお金を使うマインドはない傾向にあるでしょう。見た目より老けていることはおじさん扱いされることで嫌な気持ちになることもありますし損と感じることがいくつもあります。

損と得。ヘアケアで結果が出てくると見た目だけでなくマインドも上がってきます。自分の想像以上に活力ある生き方が見えてくるかもしれませんね。

ヘアケアで資産と負債を考えるハゲむくんでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハゲむくん

Author:ハゲむくん
初めまして。管理人ハゲむくんです。
32歳薄毛に悩むハゲむくんです。発毛させたい。育毛させたい。そうハゲむくんは願っています。そのために励む励む!!皆さんけっして僕をハゲまさないでください。ハゲますから。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR