スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハゲ型のタイプ

ハゲむくんです。

ストレスが髪に与える影響はこんなにある!!
ストレスは万病の元と言われますが、髪の毛に与える影響も深刻です。

過剰な皮脂の分泌
節が過剰だと毛穴を詰まらせる原因に。

頭皮の血行が悪くなる
栄養が髪の毛に行き渡らなくなる可能性大。

頭皮が緊張して硬くなる
頭皮が硬いと栄養が髪まで届きません。

内臓への悪影響を与え体の機能が正常に行われなくなる
体の機能と髪の毛には深い関係あり!

ホルモンへの悪影響
男性ホルモンが乱れると皮脂が増える可能性あり

M型ハゲ

U型ハゲ

O型ハゲ

混合型ハゲ


ハゲの種類も百人百通り。まずは自分のタイプを確認しよう。

ハゲむくんでした。
スポンサーサイト

頭皮の固さを自己チェックしよう

ハゲむくんです。

頭皮の固さの状態を自己チェックしてみよう

頭皮の固さってほぼほぼ変化しません。ハゲむくんの頭頂部は硬度39、前頭部41でした。
40以上が薄毛になりやすいデッドラインです。

指さきで頭皮を押し上げられない
頭皮に指さきを当て、2センチ以上押し上げることができれば健康な頭皮です。


頭皮全体を動かすことができない
頭のどの部分でも頭皮が動くようであれば頭皮は良好な状態です。


髪を引っ張ると痛みを感じない部分がある
痛みを感じない部分があればその部分は神経が鈍っている可能性があります


髪の毛が多い方が健康なの!?

ハゲむくんです。

髪の毛はあなたの体のさまざまな情報を教えてくれる

多くの人は髪の毛について見た目を決める要素の一つくらいにしか考えていないかもしれません。
しかし、実は髪の毛を見るだけでその人の健康状態や寿命までわかってしまうのです。

生命の維持活動に直接関わりのない髪の毛。

しかし、髪の毛は私たちが考えているよりずっと多くのことを伝えているのです。

髪の毛や皮膚などは栄養が一番最後に回ってくる場所。逆に髪の毛が元気ならからだには十分栄養が行き渡っていることになり健康であるといえるのです。

ストレスがあると髪の毛は抜け毛や細毛、薄毛になる危険性がある。だから髪の毛の健康状態もわかるというわけ。

髪の色を決めるのはメラニン色素。メラニン色素には濃い褐色のユーメラニン、黄色から赤のフェオメラニンがあり、この二種類の量の違いで赤毛、黒髪、金髪などの色が作られる。



豊かで健康な髪の毛なら長生きも夢じゃない!!

髪の毛には体内にたまった有害な物質を排除する働きがある。この働きは髪が多く生える速さが速いほど強まるので髪が多い人の方が健康で長生きできる確率が高いといわれています。

髪の毛から有害な物質を排除される。
⬇️
髪の毛が多い方がたくさん排除される
⬇️
その分体内には有害物質が少ない
⬇️
髪の毛が多い方が長生きする!


と考えられます。

ちょっと嘘のようなホントの話でした。
ハゲむくんでした。

髪の毛を公開します

ハゲむくんです。

数日前、自分でも最悪の状態と感じたハゲむくんの髪の毛を公開します。少しピンボケしてすみません。
ここからしっかり改善させていきます。
ハゲむくんでした。


お客様、正義の名のもとに

ハゲむくんです。

薄毛に悩む人がどういう行動に出るのかアメリカと日本で違いがあるそうなんです。

日本では大きい病院や個人クリニックに入っているAGA外来へ行く人が多いそうです。AGA専門の医師がいて薬の処方をしてくれる病院です。お医者様のお墨付きをもらえますからね!

アメリカでは自分で育毛剤を購入したり遠赤外線治療がある医療保険機関ではないクリニックへ行かれる方が多いそうなんです。医療保険が整っていないアメリカではお金がある人にしか医療機関に受診できません。


そもそも育毛系のクリニックは保険がきかないんですけどね。

日本人は薬でなんとかする内側から。アメリカは頭皮に直接アプローチをかけるような外側からなんとかする考えの人が多いようです。


AGAは現在の医療では薬で髪の毛を生やしていくことは可能です。AGA発症5年以内であれば結構回復するようです。

ハゲむくんの意見として20代に髪の毛を生やすのが急務で、副作用がでにくい体であれば内服薬にたよった発毛方法を選んでもいいのではと思います!!

20代は内臓が薬によって壊れても回復できる能力がありますし、性欲減退はほぼ全ての人に該当するようなので若さでカバーも可能な気がします。
薬の副作用の保証は医師はみてくれません。育毛薬はぜったい死ぬような薬ではないため副作用ていどにとどまるため止めればそれですむわけです。

30代にさしかかってくるとサラリーマンの多くがお酒の席が増えてくると思います。長時間になるであろうお酒と食事の時間に比例して肝臓を中心とした消化系の内臓に負担がかかってくるわけです。病気でもない体の人に薬の服用を続けたらいつかパンクするでしょうね。

内臓を壊したら恐ろしいですよ。

昨日もお伝えしましたが情報は力です。お身体のためにも薬の服用は軽はずみにはしないことをお勧めします。病院もお金が必要です。稼がなくてはなりません。

お客様のためにという正義の名のもとに必要悪をおしきります

生活習慣の改善をふくめた工夫で維持改善を目指した方が結果的に近道と感じてくるんですよねぇ。

選ぶのはみなさんです。だって自分の人生ですから!!

ハゲむくんでした。

プロフィール

ハゲむくん

Author:ハゲむくん
初めまして。管理人ハゲむくんです。
32歳薄毛に悩むハゲむくんです。発毛させたい。育毛させたい。そうハゲむくんは願っています。そのために励む励む!!皆さんけっして僕をハゲまさないでください。ハゲますから。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。